くらし情報『残虐!ネコの「頭部と尾の切断」が何匹も!“狂気の事件”の犯人とは?』

2018年9月27日 18:00

残虐!ネコの「頭部と尾の切断」が何匹も!“狂気の事件”の犯人とは?

残虐!ネコの「頭部と尾の切断」が何匹も!“狂気の事件”の犯人とは?

(C)GreenArt / Shutterstock

英国犯罪史上最悪の殺人鬼といえば「切り裂きジャック」(通称:ジャック・ザ・リッパー)があまりにも有名だが、犠牲者数だけを見ると、同時代に存在していたもう1人の連続殺人鬼、アメリア・ダイアーの方が多かった。ダイアーは少なく見積もっても400人以上の子供を自身の手で殺害したと言われている。

ハロルド・シップマンという医師も、あまりにも多くの人を手にかけていた。シップマンの患者の多くが不審な死を遂げていたため、そのうちの15人の遺体を墓場から掘り起こして検死した結果、全員から致死量を上回る大量のモルヒネが検出されたという。英捜査当局は、ハロルドが医療行為を始めた1970年から逮捕される1998年までの間に、少なく見積もっても女性患者171人、男性患者44人の計215人を殺害していると発表している。

■ 猟奇ネコ殺しの真犯人は?

そんな英国の首都ロンドン南部クロイドン区で、猟奇事件の発生を予感させる事件が起こった。

「ロンドン警察は15年11月、クロイドン区付近で、頭部と尾が切断された複数のネコがいるとの通報を受けたのです。警察には数百件に上る疑わしい事件が寄せられ、単独犯による犯行の線が強いと考えられました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.