くらし情報『優秀な球児が『日本プロ野球』をスルーして海外へ「流出」する未来』

2018年9月29日 16:00

優秀な球児が『日本プロ野球』をスルーして海外へ「流出」する未来

優秀な球児が『日本プロ野球』をスルーして海外へ「流出」する未来

(C)Alan C. Heison / Shutterstock

今年から阪神甲子園球場に高性能弾道測定器「トラックマン」が設置されている。『阪神タイガース』は、打球速度、飛距離、スイングスピード、投球回転数をデータ化できる「トラックマン」を、選手の育成・指導に活用しているという。しかし、今夏の『第100回全国高等学校野球選手権記念大会』では、その数値がテレビ画面に映されることはなかった。

「準々決勝までに、4試合連続2桁奪三振など大会ナンバー1投手と称された『秋田県立金足農業高校』吉田輝星の球速は、アベレージが140キロ前半から中盤で、最速は150キロでした。高校時代から悠々150キロ以上を連発していた大谷翔平や藤浪晋太郎ほどの驚異的なスピードではない吉田ですが、なぜか直球で空振りが奪うことができます。その理由は回転数が多いか、リリースポイントが打者寄りで球持ちがいいのかのいずれかですが、それが『トラックマン』なら分かるのです。『トラックマン』は打者を分析するのにも有効。例えば『大阪桐蔭高校』藤原恭大の打球は、打たれた投手が『一瞬で顔の横を通り過ぎた。新幹線みたいだった』と評したほどの打球でしたが、この打球スピードだって表示することができるのです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.