くらし情報『小林麻耶『引退したはず』なのに自著の宣伝しながら「マスコミ批判」』

2018年9月28日 10:30

小林麻耶『引退したはず』なのに自著の宣伝しながら「マスコミ批判」

小林麻耶『引退したはず』なのに自著の宣伝しながら「マスコミ批判」


元フリーアナウンサー小林麻耶の“振る舞い”に「お前、もう出てくるなよ」と、ネットで不満の声が続出している。

小林は去る8月3日、結婚を機に引退を発表。芸能界からは、そのまま跡形もなく消えるものだと思われた。ところが本人は「ファンがいるので」とのたまい、引退後もブログは継続。その内容が噴飯ものなのだ。

「今もってラジオ番組の宣伝なんかをするわけですよ。以前に出ていたことは確かな番組なのですが、もう引退したのですから辞めた番組をダラダラ紹介するのもウザイ。いつになった引退のケジメをつけるのでしょう」(ネットライター)

さらに小林は9月22日、“芸能人並み”にやはりブログで不満を漏らした。

「麻耶は自身の結婚についての記事を報じたマスコミについて『私が結婚についてあまり語らないから面白おかしく書かれてしまうんですよね』と発言。反省を交えて振り返り、自分でもっと書くべきだという意思を示したのです」(同・ライター)

このあたりが小林の“残念なところ”なのだという。小林が結婚について面白く書こうがどうしようが、“芸能人”を気取っている以上、何かを書くのがマスコミというものだろう。

■ 書かれるネタを提供しているのは小林側

「本当にブログをやめて引退すれば、誰も何も書かない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.