くらし情報『貴乃花親方「腐った相撲協会」を変えるため政界進出か』

2018年9月27日 20:30

貴乃花親方「腐った相撲協会」を変えるため政界進出か

貴乃花親方「腐った相撲協会」を変えるため政界進出か

画/彩賀ゆう

去る9月25日、日本相撲協会に退職届を提出した貴乃花親方。この稀代の大横綱は記者会見で相撲協会からの圧力を明かし、二度と相撲界に戻るつもりはない心中を露呈した。

しかし、ある方法で貴乃花親方は再び相撲界に接触しようとしているという。

貴乃花親方は退職の理由について、「内閣府に提出した告発状の内容を事実無根と認めるよう、相撲協会から“圧力”があった」と主張。廃業せざるを得ない状況に追い込まれた上での決断だったと説明した。

貴乃花親方のファンだというタレントの坂上忍は、9月26日放送のフジテレビ系『バイキング』で、「これだけのことを会見の席で言うんだから、誰かに言われて圧力をかけられていたことは確かなんですよね」と、相撲リポーターの横野レイコ氏に質問。しかし横野氏は「空気で思い込んでいる部分があると思う」と、貴乃花親方の被害妄想だと一蹴していた。

■ 正すべき競技団体はいっぱいある

貴乃花はもう、国会議員にでもなって相撲協会を上からの立場で締め上げるしかありませんね。どうしても相撲協会を変えたければ、中からではなく外から変えるしかない。内閣府の公益法人担当部局の立場なら『ああしろこうしろ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.