くらし情報『安室奈美恵の「ハンパない経済効果」が被災地を救ったイイ話』

2018年9月30日 19:00

安室奈美恵の「ハンパない経済効果」が被災地を救ったイイ話

安室奈美恵の「ハンパない経済効果」が被災地を救ったイイ話

画/彩賀ゆう

9月16日に引退した歌手の安室奈美恵だが、まだまだフィーバーは続いている。各テレビ局は「安室奈美恵」という商品を引っ張り続け、8月29日に発売されたライブDVD&ブルーレイ『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』は4週連続の同時1位を獲得したほどだ。

そんな安室の引退後については、さまざまな説が流れている。

「プロデューサー業に転身、京都に移住、ジャズクラブを開店するという話がこれまで流れてきました。引退後の彼女の姿をマスコミはキャッチしたいところですが、安室の代理人の弁護士から『引退後は一般人だから取材は自粛してほしい』との要請がされているようです」(芸能ライター)

どんな進路に進むにせよ、お金には困らないことは確実。引退を発表してからの荒稼ぎぶりも大きな話題になっていた。

「ラストツアーの動員数は約80万人。昨年11月発売のベストアルバム『Finally』は約230万枚の売上、今年8月発売のライブDVD&ブルーレイは、このままの勢いなら200万枚突破ともいわれています。引退発表後に5社のCMに出演。ファストファッションブランド『H&M』とのコラボ商品を販売などなど、引退までの1年間で約300億円を稼いだというウワサです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.