くらし情報『古市憲寿「人脈自慢」と「超個人主義」の人付き合い論に賛否炎上』

2018年10月2日 16:01

古市憲寿「人脈自慢」と「超個人主義」の人付き合い論に賛否炎上

古市憲寿「人脈自慢」と「超個人主義」の人付き合い論に賛否炎上

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock

10月1日に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に社会学者の古市憲寿氏が出演。私生活を明かし交友関係に関する持論を展開したが、この日も視聴者から賛否両論が沸き起こった。

ツイッターが炎上する一方で、現在レギュラー番組を5本抱える人気コメンテーターでもある古市氏が、自宅をテレビ初公開。約5,000冊の書斎や約20畳あるリビングなどを紹介した。ポスター代わりに視力表を張るなど、風変わりな一面も。冷蔵庫には水とチョコしか置いておらず、夜もチョコを食べ続けた結果「歯の数より虫歯が多い。42カ所ぐらいある」と明かし、スタジオをざわつかせた。

世間から「ニュータイプ」とも評される理由として、古市氏は「家庭が超個人主義だった」ことが大きいと明かした。家族が全員テレビ付きの個室を持ち、食事は別々に取る生活を送っていたという。

「超個人主義」の家庭に育った古市氏は、石原さとみとの交際が噂される『SHOWROOM』の前田裕二社長や、田原総一朗氏とプライベートで関わりがあるようだ。さらに、小泉進次郎氏や千秋、写真家で映画監督の蜷川実花氏らと収めた写真も公開した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.