くらし情報『石川遼が“低迷”すぎて「ゴルフコースデザイナー」に転職を計画か?』

2018年10月4日 07:01

石川遼が“低迷”すぎて「ゴルフコースデザイナー」に転職を計画か?

石川遼

(C)まいじつ

先ごろ行われた国内ゴルフ男子ツアー『トップ杯東海クラシック』最終日、石川遼は“名物ホールの罠”にはまって40位と低迷した。その影響もあってなのか、会見で“副業”への意気込みを語っている。

「東海クラシックの大会中である9月25日に、石川のマネジメント会社が福島県のゴルフ場・棚倉田舎倶楽部の経営権を取得しました。石川の父親がコースを運営する会社の社長に就任し、石川自身がジュニア育成のためのコース改造設計にも携わっていくことになりました」(専門誌記者)

コース設計には、もともと興味を持っていた石川。経営権の取得は、ゴルファーの裾野拡大だけが目的ではないという。コース設計にこだわり出したのは、米ツアーでの惨敗にも理由があったようだ。

■ アメリカで勝つにはコース設定の工夫が必要

石川なりの敗因分析によると、日本人プレーヤーの多くがアメリカで通用しないのは、「ティーマーク」にあるという。ティーマークとは平たく言えば、ゴルフのスタート地点のことだ。

「アメリカのゴルフ場にはティーマークを設定できる場所が多く、カップまでの距離を変幻自在に変更できます。石川は日本のコースにもそういった工夫が必要だと明かしていました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.