くらし情報『必死すぎ!『ジャニーズ』が東京五輪のステージ目指し猛アタック中』

2018年10月15日 15:30

必死すぎ!『ジャニーズ』が東京五輪のステージ目指し猛アタック中

必死すぎ!『ジャニーズ』が東京五輪のステージ目指し猛アタック中

(C)Pumidol / Shutterstock

2020年の東京五輪まで2年を切った。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は、東京五輪の開閉会式のステージに立つことを第一目標にしているが、いかんせん旗色は悪い。

東京五輪に向けたジャニーズ“史上最大グループ”、その名も『2020』(トゥエンティ・トゥエンティ)を始動させるなど、必死でアピールしているが、残念ながら力及ばず黙殺されている。

去る10月6日、ジャニー社長は、ジャニーズJr.から40人を抜擢した『2020』の結成構想を明かした。各社の報道ではグループの紹介の際に「東京五輪に向けて」「東京五輪を見据えて」などといった枕詞が付いていたが、「現時点で東京五輪の開閉会式に出演することは、もちろん決まっていない。ジャニーさんがブチ上げただけで、東京五輪関連で具体的に何をするのか、できるのかは誰も知らない」(ワイドショー関係者)という。

東京五輪に勝手に強い思い入れを持っているジャニー社長とジャニーズ事務所だが、現状ではタッチできない可能性が高そうだ。

「ジャニーさんは総合演出をしたかったのですが、あっさりと“落選”。狂言師の野村萬斎がその座に就きました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.