くらし情報『市川由衣「14歳・過激水着」も収録の『復刻写真集』は規制の怖れ?』

2018年10月18日 10:30

市川由衣「14歳・過激水着」も収録の『復刻写真集』は規制の怖れ?

市川由衣

(C)まいじつ

女優の市川由衣が12年前の2006年に発売した写真集『HATACHI』(集英社)が、10月15日からデジタル版として復刊された。

同写真集にはデビュー時のグラビアも収録されているため、今では貴重な14歳当時の水着姿も拝むことができるという。

1999年に『ナムコ』主催のオーディションでグランプリを獲得した市川は、翌2000年からグラビア活動を開始。当時まだ14歳の中学生だったが、大人顔負けのダイナマイトボディーを初グラビアから披露していた。その後は女優として活躍し、14年には映画『海を感じる時』で“濡れ場ヌード”を披露して話題になった。

映画の濡れ場といえば、これまで数多くの女優が期待と異なる裸体をさらして“がっかりオッパイ”と揶揄されてきた。しかし市川は、形や色が美しい胸を惜しむことなくあらわにし、生々しい“性交シーン”は「これは美乳」「抱くシーンがリアルでとってもよい」「アダルトビデオより興奮する」などと高評価を得ていた。

■ 下乳披露の過激グラビアを中学生で…

既にヌードになっているため、現在から見ると物足りなく感じてしまうはずの水着写真集。しかし今回、復刊された写真集は、市川の原点が楽しめる必見の作品だという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.