くらし情報『小林麻耶が「ハマっている」と噂された『子宮系』の危うさとは?』

2018年10月18日 07:00

小林麻耶が「ハマっている」と噂された『子宮系』の危うさとは?

小林麻耶が「ハマっている」と噂された『子宮系』の危うさとは?


元フリーアナウンサーの小林麻耶が傾倒していると一部週刊誌で報じられたことで、「子宮系」なるイベントがにわかに注目を集めている。

小林は、このイベントで現在の夫と出会ったとする報道を自身のブログで「事実無根です」と完全否定。結局、小林は全く関係なく、とんだトバッチリだったようだが、そもそも「子宮系」とはいかなるものなのか。

「『子宮系』とは、“子宮を大切にすれば、すべてが好転する”と公言するグループや、その活動のことを指します」

こう解説するのは、「子宮系」を取材したことのある女性誌ライターだ。

小林麻耶の件のことで最近知ったという方も多いと思いますが、『子宮系』は数年前からすでにありました。テイ良く言えば自己啓発やスピリチュアルとも受け取れますが、悪く言えばカルトや高額セミナーともいえ、賛否両論があります」(同・ライター)

ハマっている女性は決して多くはないものの、それでも少なくない人数がいるという。彼女たち“子宮系女子”の目的は、子宮によって “自己実現”することなのだそうだ。

「スピリチュアルをこじらせた女性たちと考えるのが分かりやすいでしょうか。『子宮系』という文字から性的な活動をしていると思われがちですが、実際は子宮を“女性の象徴”や“生命力の源”として位置付け、精神的な“昇華”を目指す活動のようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.