くらし情報『30歳女子アナ・寺田ちひろが『明石家さんま』らに袋叩きされた理由』

2018年10月17日 11:01

30歳女子アナ・寺田ちひろが『明石家さんま』らに袋叩きされた理由

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

10月16日に『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)の3時間スペシャルが放送され、女性芸人と女子アナウンサーが議論をかわした。フリーアナウンサーの寺田ちひろの明かした行動に出演者は呆れ顔。しかし、視聴者からは寺田を批判し続けた芸人らを批判する声も上がっている。

この日はいとうあさこ青木さやか渡辺直美ら女性芸人7人と、木佐彩子大島由香里中村仁美らアナウンサー7人が対になって陣取った。

寺田はセント・フォースに所属する30歳のフリーアナ。番組途中、寺田は自宅のぬいぐるみにそれぞれ名前を付けていると明かすと、スタジオは騒然となった。

■ 「お前、もう30だからな!」

いとうは「私も小さいときは名前を付けていた」と理解を示しつつも、寺田を見やり「お前、もう30だからな!」と、強烈なツッコミを入れる。寺田は「(年齢のことは)言わないでください」と嫌がりながら両耳を押さえた。

司会の明石家さんまは、両親が寺田のことをどう思っているのか質問。寺田は「母が私にそっくりで…母のことはぷりんちゃんと呼んでいる」と明かす。「ぷりんちゃん」とあだ名を付けているのは「下の名前が『くによ』と言うから」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.