くらし情報『炎上しても「死んだら負け」を言い続ける、松本人志が伝えたかったこと』

2018年10月20日 15:31

炎上しても「死んだら負け」を言い続ける、松本人志が伝えたかったこと

炎上しても「死んだら負け」を言い続ける、松本人志が伝えたかったこと

画/彩賀ゆう

松本人志の炎上が止まらない。

アイドルグループ『愛の葉Girls』(えのはガールズ)のメンバー、大本萌景さんが今年3月に自殺した件で、遺族が所属事務所によるパワハラや苛酷な労働環境で精神的に追い詰められて自殺したとして、9200万円の損害賠償を求めた。これに対して、松本は10月14日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』で、

《われわれ、こういう番組で自殺者が出てニュースを扱うときに、なかなか亡くなった人を責めづらい、責めれないよね。でも、そうなんやけど、ついついかばってしまいがちなんだけど、ぼくはやっぱり『死んだら負け』やっていうことをもっとみんなが言わないと。死んだらみんながかばってくれるっていうこの風潮がすごく嫌なんです》

と語った。

しかしネット上では、「死んだら負け」というインパクトのある言葉が先行し、言葉をそのままの意味で受け取ることしかできない厄介な人たちが大騒ぎ。「自殺を考えている人には優しく寄り添うべきだ!」「人の生き死には勝ちも負けもない。子供を『勝ち負け』の世界に引きずり込んでいる大人こそが諸悪の根源」などと、論点ズレズレの反論をしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.