くらし情報『小栗旬「殺される覚悟で」ハリウッドに進出する“本当の目的”とは』

2018年10月28日 19:00

小栗旬「殺される覚悟で」ハリウッドに進出する“本当の目的”とは

小栗旬「殺される覚悟で」ハリウッドに進出する“本当の目的”とは

(C)まいじつ

俳優の小栗旬が、ハリウッド進出のために一家でロサンゼルスに移住すると報じられた。

小栗一家の海外移住を報じたのは、10月23日発売の『女性自身』。記事によると、小栗は水面下でハリウッド映画のオファーを受けており、全米デビューを機にしばらく家族4人で海外生活をする意向とのこと。事務所はオファーも移住も否定しているが、8月には関係者とも渡米して、調整を重ねていたという。

もともと海外志向が強く、以前から「海外で一流のアクション演技を学びたい」と周囲に漏らしていたという小栗。しかし今回のハリウッド進出で学ぶのは、演技だけではないようだ。

「小栗の目的は演技の仕事だけでなく、日本の芸能界に根付く“奴隷契約”を変えることにもあるようです」(芸能ライター)

一体、どういうことか――。

■ 海外における芸能システムを輸入!?

「小栗は2014年8月の『クイック・ジャパンvol.115』で、『(日本の芸能人が労働組合を作ろうとして動けないのは)たぶん傷つきたくないからだと思うし、今の自分の立場を失いたくないからだと思う』と発言。タレントたちが、事務所の力に大きく左右されている現状を嘆いていたんですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.