くらし情報『中国のアイドル『福原愛』に国民栄誉賞は「当然」の絶妙な根拠』

2018年10月28日 15:31

中国のアイドル『福原愛』に国民栄誉賞は「当然」の絶妙な根拠

福原愛

(C)まいじつ

卓球の福原愛が選手としての現役引退を10月21日に発表した。

これに対し「国民栄誉賞を」の声も持ち上がっているが、実現するかは微妙な状況だ。

「マイナー競技だった卓球を国民の関心事になるほどの競技にしたのですから、その功績は賞をあげるには十分でしょう。彼女がいなければ、今の卓球人気はなかったはず。貢献度からすれば受賞があってもおかしくないのですが、政治的に推す空気が薄い」(スポーツライター)

幼稚園児の時代に“泣き虫愛ちゃん”として人気者となり、その後も順調に成長。ロンドン五輪女子団体で銀メダル、リオデジャネイロ五輪でも同銅メダル獲得と、世界的な実力選手だった。

「国民栄誉賞はスポーツ選手や芸能人が多く選ばれていますが、基準が全く不明。そのときの総理大臣の気分で“売名賞”なんて陰口があるほど。吉田沙保里や伊調馨のレスリング選手にあげたのに、なぜか五輪2大会連続で金メダルを2つずつ取っている水泳の北島康介氏がもらっていない。女子レスリングは国際的にマイナー競技で、リオ五輪でも外される寸前だったのに、です」(同・ライター)

■ 中国人のアイドル愛ちゃん

何より賞に疑問を投げ掛けたのは、2013年の長嶋茂雄氏、松井秀喜氏の受賞だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.