くらし情報『“ブスパン”ことフジテレビの久代萌美アナが大ブレークの予感』

2018年10月30日 15:31

“ブスパン”ことフジテレビの久代萌美アナが大ブレークの予感

“ブスパン”ことフジテレビの久代萌美アナが大ブレークの予感

(C)fizkes / Shutterstock

フジテレビの久代萌美アナウンサーが、10月28日放送の『ワイドナショー』で衝撃発言したことが話題になっている。

この日、番組ではプロ野球のドラフト会議について盛り上がり、MCの東野幸治が「第1志望はどこだったんですか?」と久代アナに質問。すると久代アナは「テレビ朝日でした。テレ朝の『ミュージックステーション』でタモリさんの横に座るのが夢でした」と発言し、スタジオが大爆笑に包まれた。

久代アナはさらに「全部落ちた上でフジテレビでした」と、他社の入社試験に全滅したことも暴露。しかしこの発言に対してネット上では、

《なんでフジには入社できたんだろう》
《自分がコネって言ってるようなもん》
《そりゃ、このレベルの女なんて、他のテレビ局では採用されないだろうな》

などといった辛辣な声が上がってしまった。

「久代アナは、学生時代の2009年に『ミス首都大学東京』に出場しましたが、入選すらできず。女子アナの登竜門とされる“ミスキャンパス”にも選ばれていないため、『とんねるず』石橋貴明から“ブスパン”と命名されています。“コネ入社”の疑惑がくすぶっているのは、こうした『ブスなのになぜ女子アナ?』という声が多くあるからですね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.