くらし情報『『中学聖日記』有村架純と「おかわりキス」した“黒岩くん”に嫉妬の声』

2018年10月31日 10:58

『中学聖日記』有村架純と「おかわりキス」した“黒岩くん”に嫉妬の声

有村架純

(C)まいじつ

10月30日に放送された『中学聖日記』(TBS系)第4話で、有村架純演じる聖と新人俳優・岡田健史のキスシーンが放送された。視聴者は「エロい」と評しつつ、今作がデビュー作となった岡田に嫉妬の声を寄せている。

中学教師役を演じ、婚約者がいる身でありながら教え子に心を傾かせてしまう役を演じる有村。キスシーンは地元の中学生も多く足を運ぶ花火大会の場で起こった。

2人は海辺で2人きりになり、「今夜だけ一緒になりたい」と黒岩(岡田)が聖(有村)に語りかけ、突然キスをする。聖が驚く表情を浮かべた直後に、黒岩は「もう1回いいですか? 先生のことが好きです」と言いながらもう一度キス。聖は動揺しながらも黒岩を受け入れ、抱き合ってしまった。

■ 有村架純、「おかわりキス」に応じる

2人は花火大会終了後、一緒のタクシーに乗り、手を重ね合わせた。タクシーから降り、手をつないで聖の家に向かおうと歩き出したところ、聖の家の前で婚約者の勝太郎(町田啓太)、黒岩の母・愛子(夏川結衣)と相次いで鉢合わせてしまう。

第4話では、19歳の新人俳優・岡田が、有村と2回もキスの「おかわり」をしたことに視聴者は騒然としている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.