くらし情報『水卜麻美アナが今年No.1の『放送事故』!加藤浩次に生放送でブチ切れ!』

2018年11月1日 07:00

水卜麻美アナが今年No.1の『放送事故』!加藤浩次に生放送でブチ切れ!

水卜麻美アナが今年No.1の『放送事故』!加藤浩次に生放送でブチ切れ!

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

10月30日放送の日本テレビ『スッキリ』で、イラ立ちを爆発させた同局の水卜麻美アナウンサーが、視聴者の間で話題になっている。

問題の場面が訪れたのは、同番組のレギュラーコーナー『スッキリJUDGE』でのこと。この日は「名作絵本の“萌え絵化”どう思う?」というテーマで出演者が意見をぶつけ合い、視聴者にも「萌え絵の児童書に抵抗があるかないか」の投票を実施した。

ちなみに「萌え絵」とは、主にアニメやゲームなどに登場する“クリクリの大きな目”“カラフルな髪色”“極端に等身が低い”などのタッチで描かれた人物画を指すようだ。

番組では問題の背景をVTRで整理した後、スタジオで各々の意見を述べる討論を開始。水卜アナは進行役として出演者の持論を聞いていったのだが、メインMCの加藤浩次は「何で(萌え絵が)いけないのか分かんない」とのっけからキレ気味に答えていく。その後も「萌え絵に慣れると将来子どもが本を読まなくなりそう」という反対派の意見に対し、「(親が児童書を)読んでないのに、子どもに読めってのもおかしな話だけどね」と反論するなど、加藤は終始荒れた様子だった。

■ 板挟みになった不満が爆発

しかし視聴者からの投票では、“抵抗あり”が大差で勝利する結果に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.