くらし情報『元『SPEED』今井絵理子は「不貞行為」裁判でも敗訴が確定か』

2018年11月2日 10:30

元『SPEED』今井絵理子は「不貞行為」裁判でも敗訴が確定か

元『SPEED』今井絵理子は「不貞行為」裁判でも敗訴が確定か

(C)Air Images / Shutterstock

元『SPEED』の自民党・今井絵理子参院議員と交際している元神戸市議の橋本健被告が、政務活動費約690万円を騙し取ったとして詐欺罪に問われた裁判の判決公判が10月29日、神戸地裁で開かれ、求刑通り懲役1年6月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡された。

「去る10月3日発売の『週刊新潮』で“略奪愛成就”などと順調な近況を報じられた今井議員ですが、同誌の取材に対し『裁判があるので』と主部を言わず返答したところを見ると、どうやら“不倫”による裁判を橋本元市議の元妻から起こされている可能性も高そうですね」(週刊誌記者)

新潮の報道を知った今井議員はブログで交際を認め、新潮も「マスコミの目が離れてからは、密会をまたはじめています」と、芸能関係者の証言を紹介していた。

「今井議員が動くと目立つので、橋本元市議が上京して会いに来ていたようです。新潮は彼が国分寺市の今井議員の自宅に来ていることも押さえている。元市議が奥さんと離婚となったことで、『略奪愛』と断定しました」(同・記者)

橋本被告は騙し取った690万円を弁済したため実刑を免れたが、有罪は有罪だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.