くらし情報『有村架純『中学聖日記』で生徒を「お持ち帰り」して視聴者の反応は…』

2018年11月6日 15:30

有村架純『中学聖日記』で生徒を「お持ち帰り」して視聴者の反応は…

有村架純『中学聖日記』で生徒を「お持ち帰り」して視聴者の反応は…


10月30日に放送されたTBS有村架純主演ドラマ『中学聖日記』第4話で、有村演じる女教師・末永聖の行動に視聴者がドン引きしている。

同ドラマは中学校教師の聖が、教え子の黒岩(岡田健史)と“禁断の恋”に落ちるラブストーリー。前回の放送で黒岩に特別な感情を抱いてしまっていることに気付いた聖は、「これは一時の感情」だと自分を律しながら過ごしていた。

第4話では学校は夏休みに入ったのだが、黒岩の進路相談用紙に保護者氏名がないことに気付いた聖は、家庭訪問をして話を聞くことに。すると黒岩は母親が電話で席を外した隙に聖の手を握り、「(夏休み中に開催される)花火大会の後に会いたい」と必死の形相で訴え始めた。

■ 教え子とキスをした後タクシーに

自分が教師という立場を貫こうとする聖は誘いに乗らず、花火大会当日は教師の仕事として会場の見回りをすることに。すると、教え子のるな(小野莉奈)が黒岩に詰め寄ってキスしている場面を目撃し、聖は思わずその場から立ち去ってしまう。

それに気付いた黒岩は聖を追い掛け、「今日会いたかったのは、聞きたかったことがあって…」「先生、僕のことどう思ってますか?」と質問。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.