くらし情報『妻は奴隷じゃない!『亭主関白』が酷すぎると視聴者が怒った芸能人たち』

2018年11月4日 15:31

妻は奴隷じゃない!『亭主関白』が酷すぎると視聴者が怒った芸能人たち

魔裟斗 矢沢心

(C)まいじつ

元K-1世界王者の魔裟斗が10月2日、TBS系『明日は我がミーティング』に出演。妻でタレントの矢沢心が怖がるほどの亭主関白ぶりが明かされ、話題になっていた。

その例を挙げると、1つは朝イチから大音量でヒップホップを流すこと。しかも音楽のせいで魔裟斗の言葉が聞き取れず、矢沢が聞き返すと「耳鼻科に行ってきたら?」と嫌味を言われるそう。

もう1つは夜中の2時に矢沢を起こすこと。夜8時に就寝して、夜中の2時に起きてしまうため、矢沢に話し掛けて起こし、起きない場合はアクション映画の音量を上げて起こすそうだ。

他には朝食のパンは特定のものしか食べないため、毎朝矢沢が自転車で20分かけて買いに行くことや、晩酌を飲むときのつまみは5品以上、缶ビールは飲む1時間半前に冷凍庫に入れておくこと、といったルールがあるらしい。

■ 寝顔を見せるな!

スタジオでは驚きの声が上がったが、芸能界には魔裟斗のような亭主関白の夫は結構多い。

「昨年、いしだ壱成の二度目の離婚の原因が“7つの掟”だったことが話題になりました。『帰宅時に45度の風呂を用意』『シャワー中にバスタオルと洋服を準備』などを妻に課していたようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.