くらし情報『ヤメテ!「見たくなかった」悲鳴の上がる最新ドラマのキスシーン3選』

2018年11月10日 11:00

ヤメテ!「見たくなかった」悲鳴の上がる最新ドラマのキスシーン3選

(テレビ誌記者)

■ 口を閉じてろ!と罵倒

続いては、現在放送中のTBS系ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』のキスシーン。同作では、産婦人科医の北澤(戸田恵梨香)と、北澤がファンだという小説家の間宮(ムロツヨシ)が第1話でキスをした。

「このキスシーンは非常にハードで、お互い口をパクパクとむさぼり合う、大人な演出になっていました。ここで視聴者が何より気になったのは、コメディー役者というイメージの強いムロが、本気でキスをしたこと。ネット上では『どういう気持ちでムロのキスを見ればいいか分からない』『正直、少し気持ち悪いです(笑)』『見てられなかった』などといった声が上がってしまいました」(同・記者)

今年最も悲鳴の上がったキスシーンは、7月期のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)での一幕。同ドラマの第3話では、美貌・財力・才能、すべてを兼ね備えた令嬢・月島もも石原さとみ)と、自転車店を営んでいるさえない男性・風間直人峯田和伸)がキスをしたのだが…。

「風間は39年間彼女がいたことがないキャラ設定だったのですが、ももに迫られると、口を開けて“パクっと”キスを受け入れたのです。ビジュアルからして美女と野獣だった上、キスに慣れた口つきだったことから、『ふざけんな峯田!』『キモい!石原さとみとのキスを楽しんでるじゃん』『童貞役なら、口を閉じてろ!』と罵倒されてしまいました」(同)

ドラマにはさまざまなキスシーンがあるが、キモいキスも、ある意味名シーンなのかもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.