くらし情報『『紅白』白組司会が「松本潤から櫻井翔」に変わった“納得”の理由』

2018年11月12日 19:00

『紅白』白組司会が「松本潤から櫻井翔」に変わった“納得”の理由

櫻井翔 松本潤

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

先ごろ、今年の大みそかに放送される『第69回NHK紅白歌合戦』の司会者が発表された。紅組司会は広瀬すず、白組司会は『』の櫻井翔だという。この人選には正直、芸能記者たちも驚かされたようだ。

「10月にNHKに強いスポーツ紙Sが、紅組は綾瀬はるか、白組は同じ『』でも松本潤に内定したと報道。内定は決定みたいなものだし、S紙が報じたのだから間違いないとマスコミ関係者も思っていたわけです。でもフタを開けたら大ハズレ。紅組も白組も違う。恥ずかしいぐらいの誤報です」(芸能ライター)

綾瀬に関しては、異を唱えるメディアは多かった。今年も司会となれば3回目。そこまで推す理由があるのか疑問だったからだろう。

「NHKドラマには数多く出ているし、イメージもいい。でも決定的にダメなのは、司会がヘタなこと。言葉に詰まることが多く、アドリブも利かない。しかも参加者の曲名、ここイチ番の決めゼリフが覚えられず、手のひらのカンペを何度も見ていた。ウワサされるキャラ通りのトロさです」(同・ライター)

■ マツジュン変更のわけは葵つかさ???

一方、松本の内定に対しても“異常現象”が起きた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.