くらし情報『インスタで『原爆ドーム』に“原爆”を落とした日米野球MLB選手』

2018年11月13日 18:01

インスタで『原爆ドーム』に“原爆”を落とした日米野球MLB選手

インスタで『原爆ドーム』に“原爆”を落とした日米野球MLB選手

(C)Luciano Mortula – LGM / Shutterstock

メンバーの1人が過去に原爆のキノコ雲がデザインされたTシャツを着ていたとして、11月9日放送の『MUSIC STATION』(テレビ朝日系)への出演が見送られた韓国のアイドルグループ『防弾少年団』(BTS)。騒動はまだまだ余波を広げているが、今度はスポーツ界から新たな火種が生まれている。

今回騒ぎを起こしたのは、アメリカ・メジャーリーグのボストン・レッドソックスに所属するメキシコ出身のエクトル・ベラスケス選手。ベラスケス選手は現在開催されている日米野球のメジャーリーグオールスターに選抜されており、メジャー代表として日本チームと対戦中だ。

この日米対決は、11日までに最初の3戦を終え、『東京ドーム』から広島の『マツダスタジアム』に舞台を移すため、12日は移動日となっていた。

するとベラスケス選手は、移動の様子を自身のインスタグラムで公開。ストーリー機能では、新幹線の車窓風景に「To Hiroshima」というコメントを付けた動画を投稿していた。

■ 信じ難い“原爆揶揄コメント”

広島へ着いたベラスケス選手は、ストーリーに原爆ドーム付近の橋から周囲を眺めた動画を再び投稿。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.