くらし情報『「銀ブラ」の語源は?『世界ふしぎ発見』が“デマ”を正解にする痛恨ミス!』

2018年11月15日 16:30

「銀ブラ」の語源は?『世界ふしぎ発見』が“デマ”を正解にする痛恨ミス!

「銀ブラ」の語源は?『世界ふしぎ発見』が“デマ”を正解にする痛恨ミス!

(C)Tuzemka / Shutterstock

11月10日に放送された『世界ふしぎ発見!』(TBS系)での1問が、ネット上で物議を醸している。

この日放送されたテーマは「東京スカイツリーパワースポット伝説」。ミステリーハンター・坂本三佳が建設技術や近隣施設を紹介し、スカイツリーにまつわるさまざまなウワサの検証も行なっていった。

坂本はVTR内で、スカイツリーが皇居や明治神宮といった都内のパワースポットを結ぶ線上に立っていることを解説。そして1問目には、同じく東京を代表する街・銀座に関して、「『銀ブラ』の語源は『銀座をブラブラすること』と、もう1つは何?」という問題が出された。

■ 辞書では明確に否定されている「珍説」

語源は、「銀ブラ」という言葉が生まれた大正時代にオシャレだった行動に由来しているそうだが、回答者は一様に頭を悩ませて困惑。その後、VTRにより「銀座の老舗喫茶店『カフェーパウリスタ』でブラジルコーヒーを飲むこと」だと明かされた。正解者はお笑いコンビ『Take2』の東貴博のみであった。

しかし、どうやらこの解答はウソだという。

「『銀ブラ』という言葉は辞書にも載っており、『銀座をブラブラと散歩すること』という意味だと記載されています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.