くらし情報『「ドリカム」は嫌! 『まんぷく』『エネオス』の曲にイラつき増殖中』

2018年11月23日 10:00

「ドリカム」は嫌! 『まんぷく』『エネオス』の曲にイラつき増殖中

「ドリカム」は嫌! 『まんぷく』『エネオス』の曲にイラつき増殖中

(C)d.swe / Shutterstock

デビュー以来ヒット曲を量産し、来年には30周年を迎える「ドリカム」こと『Dreams come true』。国民的アーティストと言っても全く過言ではない2人だが、最近は彼女たちに拒否反応を示す人が増えているようだ。

「ドリカム」は11月14日発売の新曲『あなたとトゥラッタッタ♪』で、10月からスタートしたNHKの朝ドラ『まんぷく』の主題歌を担当。同グループが朝ドラ主題歌に起用されるのは、石田ひかり主演『ひらり』の『晴れたらいいね』以来、実に26年ぶりの出来事だった。

久しぶりの主題歌起用ということで、第1話から大きく注目された同ドラマ。しかし、オープニングで楽曲が流れると期待はため息に変わり、ネット上には、

《まんぷくのオープニング、歌も映像も嫌い。ここだけ苦痛なの何とかならないの?》
《朝ドラの主題歌にそぐわない。いきなり吉田美和の張り上げた歌から始まるから、耳につくというか、びっくりしちゃう》
《まんぷくのOP。娘が「うるさい」と耳をふさぐため、いつも録画を見るときに早送りしちゃっている》

など、厳しい声が上がっている。

■ タイアップも逆効果に

また最近では、大手石油会社『ENEOS』のCMソングも評判がよろしくない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.