くらし情報『“パクリ”ユーチューバー『キングコング』梶原雄太を「テレビ」が激しく追及』

2018年11月27日 19:01

“パクリ”ユーチューバー『キングコング』梶原雄太を「テレビ」が激しく追及

今年の10月にユーチューバーに転身をしたお笑いコンビ『キングコング』の梶原雄太が、11月17日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に登場。ユーチューバーとして活躍し始めている梶原だが、周囲の芸人からは厳しく批判された。

YouTubeに動画を投稿、再生数に応じた収益を得るユーチューバーは、これまでに多くの芸能人が参戦。その中で梶原は「2019年末までに登録者数100万人を達成しなければ芸人引退」を掲げ、ユーチューバーデビューを果たした。

2018年11月現在、チャンネル登録者数は約48万人と順調に増加。しかし番組では、後輩の『コロコロチキチキペッパーズ』ナダルから「周囲の芸人が困惑している」「目を覚ましてください」と苦言を呈される。

続けて明石家さんまが、「テレビからすればYouTubeは敵」と梶原を責め立てる。梶原は「だからYouTubeで活躍してスターになってテレビに戻って、小中高生をテレビに戻したい」と返すも、「ならテレビで頑張れ」と総ツッコミを受けることに。

そして『FUJIWARA』藤本敏史は、梶原が『DA PUMP』のヒット曲『U.S.A』をモチーフに、後輩コンビの『チョコレートプラネット』が考案した「U.S.Aゲーム」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.