くらし情報『西暦2030年からのタイムトラベラーが語る『デスノート』の実現!』

2018年12月1日 15:31

西暦2030年からのタイムトラベラーが語る『デスノート』の実現!

「2030年のフィリピンでは、国民の脳にブレインチップを埋め込むことを開始しました」西暦2030年から現代にやって来たタイムトラベラーが、まるで人気漫画『DEATH NOTE』(デスノート)のような世界を語った。

「ノア」と名乗る男性が顔にモザイク、音声加工の上で、YouTube専門オカルトチャンネルのアペックスTVに登場した。

「フィリピンでは、できるだけ多くの国民の脳にブレインチップをインプラントする方針だが、拒否権もあります。ブレインチップを埋め込みたくない人は『ノー』と言えばいいだけ。だけど、ブレインチップはとても便利なので、フィリピン政府としては全国民へのインプラントを義務付けたいようですね」

現在の考えからすると、ブレインチップはすべてのデータを政府に把握されるなど、プライバシー侵害にあたりそうだ。

しかし、ノア氏は「すごい便利なんですよ。病院に行ったら、すべての病歴や入院歴、健康診断のデータなどが瞬時に表示されるんです。それで、何百万人もの命が救われているんです」と語る。

プライバシー問題を除けば、個人のデータがデータベースで共有されることは非常に有益だ。

オカルト専門家は「麻薬犯を射殺するなど、豪腕のドゥテルテ大統領政権が続けば、脳にチップを埋め込むことの義務化はありえますよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.