くらし情報『加藤綾子が明石家さんまに「爽やか過ぎる冷たさ」と評判の共演とは』

2018年12月1日 07:30

加藤綾子が明石家さんまに「爽やか過ぎる冷たさ」と評判の共演とは

加藤綾子


“カトパン”こと加藤綾子が、明石家さんまに対して「爽やか過ぎるほど冷たい」と、妙な評判がネット上で持ち上がっている。

加藤は去る9月、長年にわたり交際を迫られていたさんまに対し、正式に交際を断ったとされる。現在2人はフジテレビの『ホンマでっか!?TV』で共演中だ。

「誰の目からも交際を断ったことは明らか。それほど、カトパンの番組での態度は“クール”。でも、それでいて変にギクシャクせず、キチッとしているサマはさすが。いかにも仕事ができるフリーアナという感じで、仕事欲しさで媚びないところに好感。『爽やかだ』という評価になったようです」(ネットライター)

そんなネット上の評判通り、直近の11月28日放送の『ホンマでっか――』も、ナルホドという“爽冷”全開だったという。

「2人は立ち並びで司会。向かって左側がさんまで、彼の側にはタレントのコメンテーター。右がカトパンで、彼女のサイドは学者や評論家。“ホンマかいな”説に対して両者で討論するのですが、カトパンは見事なほど学者側しか見ないし話をしない。さんまとは目線すら合わせない。露骨でしたね」(テレビ雑誌編集者)

しかも、さんまの“失恋”を如実に表す場面が瞬間的に見ることができたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.