くらし情報『フジテレビ新人『女子アナ』井上・杉原が“予想通り”完全に消えたワケ』

2018年12月8日 07:30

フジテレビ新人『女子アナ』井上・杉原が“予想通り”完全に消えたワケ

三田友梨佳

(C)まいじつ

かつて“アナドル王国”と呼ばれたフジテレビだが、女子アナのレベル低下が著しい。とりわけ、今年入社組の井上清華アナ、杉原千尋アナには「何か違ったな」の声が続出している。

「普通のOLとして見ればいいのかもしれませんが、女子アナ自体がタレントみたいなもの。局アナであっても人気商売ですから、視聴者を魅了するような売り物があって当然。でも、残念ながら2人にはオーラのようなものがない。多分、街を歩いていても誰も気付かないでしょう」(女子アナライター)

昨今、同局には不可思議な現象も起きている。

「“ミタパン”こと三田友梨佳アナが、やたら評判がいい。でも彼女は2011年の入社。すでに30歳を過ぎている。もともとお嬢様の育ちで品の良さは有名でした。とはいえ今さらミタパンの評価が上がるのもおかしな話。それだけ“人材不足”なのでしょう」(同・ライター)

昨年、入社した“クジパン”こと久慈暁子アナは元人気モデル。そのビジュアルから“ポスト・カトパン(加藤綾子)”といわれながら、評価は下落の一途。

「大谷翔平の同郷で知人でもあることから、大谷への取材要員としてスポーツ担当に抜擢された。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.