くらし情報『松本人志が明かした『ダウンタウン』時代に衝撃を与えたネタ作り法』

2018年12月7日 10:57

松本人志が明かした『ダウンタウン』時代に衝撃を与えたネタ作り法

松本人志が明かした『ダウンタウン』時代に衝撃を与えたネタ作り法

画/彩賀ゆう

12月6日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、松本人志が『ダウンタウン』が現役バリバリで漫才をしていた時代の「秘密」を明かした。視聴者からは松本の回顧に驚きの声を上げると同時に、現代の若手芸人との違いに過去への郷愁の声が上がっている。

この日は、ゲストにお笑いトリオの『ハナコ』が登場し、番組はVTRを用意、ツッコミの秋山寛貴と岡部大は、喫茶店でネタ帳やスマートフォンを片手にネタ作りに励む一方、菊田竜大は女子大生の友達とカラオケで遊んでいる光景が映された。

『ハナコ』の秋山は、現代の若手芸人は漫才、コントのネタをスマホで書くことが多いと明かしつつ、ダウンタウンに「(ネタ作りをするときは)どんな感じだったんですか?」と質問する。

■ 「ネタはメモに残さない」松本人志の回顧に大反響

ネタ作りを担当していた松本は、「俺は(メモに)書き残さなかった」。浜田も「口やな」とうなずき、『ダウンタウン』は口頭でネタの概要をすり合わせるだけで本番のステージに臨んでいたことを明かした。松本が「2、3回それを言って(ネタ合わせをして)劇場に出て行ったら…ウケるんですよねえ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.