くらし情報『来年の『M-1』審査員は視聴者?大会の権威が失墜する理由とは』

2018年12月9日 11:03

来年の『M-1』審査員は視聴者?大会の権威が失墜する理由とは

とろサーモン 久保田かずのぶ

(C)まいじつ

M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)の余波がネット上でまだ続いている。

とろサーモン』久保田かずのぶと『スーパーマラドーナ』武智が、インスタライブで審査員の上沼恵美子を批判する動画を流した(現在は削除)ことで、SNSアカウントが大炎上。2人は謝罪をしたが、まだまだ収まっていない。

実は、これ以外にもちょっとした騒動が起きていた。その中心は、上沼同様に審査員を務めた落語家の立川志らくだ。

志らくは12月5日、ツイッターに妻である女優の酒井莉加のツイートを引用して、

《そういう奴は許さない。人間もどき。心がない。天罰が下る》

と怒りの投稿をした。引用した酒井のツイートには、

《インスタのコメントになぜか私宛に 出演者はみんな面白かったが志らくは審査員の資格があるのだろうか?とコメントが。しかも次女の写真のところに。申し訳ないですが即削除させてもらいました。えー。なんか悲しいインスタってめちゃくちゃ平和なSNSだと思ってたのに》

と、酒井のインスタグラムのコメント欄に、志らくの批判があったことが明かされている。

これに対して志らくは激怒したのだ。志らくはその後も連続でツイート。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.