くらし情報『新垣結衣が「犠牲」となった『獣になれない私たち』最終回に不満が続出』

2018年12月13日 11:08

新垣結衣が「犠牲」となった『獣になれない私たち』最終回に不満が続出

新垣結衣

(C)まいじつ

ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)が12日、最終回を迎えた。新垣結衣演じる晶は恒星(松田龍平)と結ばれることに。ハッピーエンドとなったドラマの描写を絶賛する声が相次いだ。ただ、ドラマ終盤で晶が取った行動を惜しむ声も。視聴者は現代のブラック企業問題と同ドラマを重ね合わせながら議論している。

ドラマでは、晶が勤務先の社長・九十九(山内圭哉)から常に恫喝を受けながらも不満を口に出さず、仕事を続けていた。恒星も取引先の会社から粉飾決算を黙認するよう指示され、嫌々ながらもそれを受け入れていた。しかし最終回で、恒星は会社を裏切り不正を暴露。晶も九十九に今までの不満をぶちまけ、「自分を殺して本当に死んでしまう前に、私は辞めます」と辞表を突きつけることに。

すると、それまで晶を盾にして九十九に不満を口にしてこなかった社員も、晶を見てようやく立ち上がり、九十九に気持ちをぶつける。社員の佐久間(近藤公園)や松任谷(伊藤沙莉)は「社員の気持ちを聞いてくれ」と、会社の待遇を改善するよう訴えかけた。

そしてドラマ最終版では晶に会社復帰してもらうよう、社員に連れられる形で九十九が謝罪に出向く場面が描かれた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.