くらし情報『『水道橋博士』容体が深刻?犬猿の仲・太田光が「本当に心配」と発言』

2018年12月23日 11:01

『水道橋博士』容体が深刻?犬猿の仲・太田光が「本当に心配」と発言

水道橋博士

(C)まいじつ

過労による体調不良のため11月7日から休養しているお笑いコンビ『浅草キッド』の水道橋博士。どうやら容体が、あまり芳しくないようだ。

休養前の水道橋は『バラいろダンディ』(TOKYO MX)の金曜レギュラーを務めていた他、月に1回放送される『別冊アサ(秘)ジャーナル』(TBS系)に相方・玉袋筋太郎と出演。雑誌の連載なども多数抱える売れっ子で、3月には師匠であるビートたけしの事務所独立騒動の対応に追われるなど、多忙を極める状況にあった。

所属事務所は「春から夏にかけて多忙になり、先月末に主治医の診断を受けて休養することにしました」と、原因が過労であったことを説明。症状に関して「倒れたなど深刻な状態ではない」と明言する一方で、「復帰時期は未定」ともコメントしており、さまざまな事柄が不透明なままとなっている。

■ “不謹慎ボケ”を封印するほどのヤバさ?

そんな中、12月18日放送のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)にて、パーソナリティーの『爆笑問題太田光が水道橋に言及。太田は、かつて浅草キッドをライバル視していたとのくだりで「浅草キッドなんて、いまだにバチバチする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.