くらし情報『米津玄師は断り切れず!?『紅白』“お断り”アーティストさまざまな理由』

2018年12月28日 11:02

米津玄師は断り切れず!?『紅白』“お断り”アーティストさまざまな理由

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

12月31日、今回で“平成最後”となる『NHK紅白歌合戦』が放送される。今年もさまざまな歌手の出場や落選が話題になったが、中でも男性歌手・米津玄師の電撃出場には驚きの声が上がった。

米津は今年1月に放送された石原さとみ主演ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)主題歌の『Lemon』が大ヒット。配信でのダウンロード数は200万を超え、YouTubeのミュージックビデオ再生数も2億回を突破している。

そんな今年を代表する歌手だったが、当初のラインナップに米津の名前はなかった。米津はテレビでパフォーマンスをすることがほとんどないため、ネット上では「辞退したのでは?」といった声が続出。そんな落胆ムードの中、26日に米津の出場がギリギリで発表された。

しかしこれまでの紅白を振り返ると、有名ヒット歌手がそれぞれの理由で出場を辞退している。

明石家さんまも断っていた!

現在『DOZAN11』の名前で活動している三木道三は、12月12日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)で紅白辞退の理由を告白している。DOZAN11は2001年に『Lifetime Respect』が大ヒットし、出場オファーがあったとのこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.