くらし情報『オーストラリアの未確認動物『ヨーウィー』がカメラに映った!』

2019年1月2日 19:01

オーストラリアの未確認動物『ヨーウィー』がカメラに映った!

オーストラリアで国民的UMA『ヨーウィー』が撮影された。

海外のUMAといえば、ネッシー、イエティ、ビッグフット(サスカッチ)、チュパカブラが有名。あまり聞きなれないヨーウィーとは、オーストラリア版のイエティやビッグフットのような存在の獣人だ。18世紀から目撃証言があり、体長1.5メートルから3メートルで二足歩行、全身が毛むくじゃらだという。

オーストラリア在住の男性が夜、森の中で1分ほどの動画を撮影したところ、木々の間に真っ赤に光る2つ目のようなものが映った。人間の頭部ぐらいの位置にあり、顔を動かしているようにも見える。獣人型UMA専門のユーチューブチャンネル『Nv TV』が検証動画を作成し、約5分の映像になっている。

UMA研究家は「赤目というのが面白いです。赤目現象は霊長類に多く見られます。フラッシュの光に対し、瞳孔が閉じるのが遅れ、フラッシュの光が血管の多い網膜にまで届き、目が赤く写る現象です。哺乳類でも、色素の薄いウサギなどは赤い目になりますが、ネコやトラなどでは網膜の後ろに輝板という組織があり、輝板がフラッシュに反射するため青白かったり、黄色く写ったりします。ところが、オーストラリアには熱帯雨林がたくさんあるのに、霊長類が存在しないんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.