くらし情報『2018年『水曜日のダウンタウン』の“ヤバ過ぎる説”トップ3!』

2018年12月27日 19:02

2018年『水曜日のダウンタウン』の“ヤバ過ぎる説”トップ3!

と真顔でツッコミ、松本人志も思わず顔が引きつることに…。

■ 批判も多いが面白ければ許される・・・はず

第2位は《中継先に現れたヤバめ素人のさばき方で芸人の力量丸わかり説》。このお題は、生中継と芸人にウソを伝え、そのロケに奇声などを発してカメラに映り込む“ヤバめ素人”を投下。芸人がどう対処するのかを調査するというもの。

ここで『三四郎』小宮浩信、『野性爆弾』くっきー、あばれる君などが手こずる中、『平成ノブシコブシ』吉村崇が笑いを交えて素人をいなし、大きな称賛を浴びていた。これを機に、吉村を見直す人が続出したという。

第1位は《数珠つなぎ企画で一番過酷なのジョジョの鉄塔システム説》。檻に閉じ込められた芸人が、身代わりとなる芸人を呼び寄せ、脱獄するという人間不信に陥る企画だ。

この企画では、『コロコロチキチキペッパーズ』ナダルが番組スタッフに街中で突如連行されたのだが、この様子を見た一般人が事件だと勘違いして110番通報し、警察沙汰に。また、檻に閉じ込められた『マテンロウ』大トニーが「偉いやつ出てきて説明しろよ!」「死ねマジで!」などとマジギレし、大問題となってしまった。

年々規制が厳しくなる中、過激に攻め続ける『水曜日のダウンタウン』。19年もこの調子で突っ走ってほしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.