くらし情報『藤原紀香、菊川怜、剛力彩芽…「代表作」がピンとこない大物女優たち』

2019年1月3日 10:30

藤原紀香、菊川怜、剛力彩芽…「代表作」がピンとこない大物女優たち

藤原紀香

(C)まいじつ

名俳優、名女優には、それぞれ代表作というものがある。例えば、田村正和といえば『古畑任三郎』(フジテレビ系)、仲間由紀恵といえば『ごくせん』(日本テレビ系)、上野樹里といえば『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)といった具合だ。

しかし、中には売れっ子や大物でも、「代表作」がなかなか思いつかない女優もいる。

代表的なのは藤原紀香。芸能界で超大物ヅラしている彼女だが、考えてみると、「藤原紀香といったらコレ!」というものがないという。

「紀香は『ミス日本グランプリコンテスト』でグランプリを受賞しており、抜群のプロポーションを生かしての仕事が多かった。しかし今の肩書である“女優”としてどんな作品に出演していたのかというと、答えられる人は結構少ない。紀香の代表作は、強いて言うなら『レオパレス(CM)』『バスロマン(CM)』ですかね」(芸能記者)

藤原は1999年から多くのドラマで主演を務めており、草彅剛と共演した『スタアの恋』(フジテレビ系)を代表作に挙げる人もいる。しかし『レオパレス』に比べると、ピンとくる人は少ないだろう。

菊川怜の代表作はやっぱり…

菊川怜も、一応女優という肩書ではあるが、代表作が分からない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.