くらし情報『竹内結子主演の新ドラマ『QUEEN』が“爆死確定”と陰口される理由』

2019年1月6日 07:00

竹内結子主演の新ドラマ『QUEEN』が“爆死確定”と陰口される理由

として依頼人を救っていく。

「弁護士もの」は近ごろ“鉄板”のコンテンツとなっているのだが、なぜ「コケる」と言われているのだろうか。

■ さすがに弁護士ものを連発し過ぎ?

「単純に、飽きられ始めているからです。18年10月期にも、織田裕二主演の『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)、米倉涼子主演の『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)と、2本も弁護士ドラマが放送されていましたからね。他にも、弁護士ものといえば、松本潤主演の『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)、堺雅人主演の『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)などがあり、あまりにも作り過ぎ。それらは確かに高視聴率を獲得していますが、このバブルは長く続かないでしょう」(芸能記者)

実際、『SUITS』は視聴率二ケタを割る回が何度もあり、『リーガルV』も20%超えを期待されながら、全話平均視聴率は15.6%。同じ米倉主演ならば、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の方が数字が良かった。

「加えて、19年1月期には、日曜劇場で常盤貴子主演の弁護士ドラマ『グッドワイフ』(TBS系)が放送されますからね。低視聴率が続いているフジの“木曜劇場枠”で、王者の“日曜劇場”にケンカを売るのはあまりにも無謀です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.