くらし情報『ディーン・フジオカ『VS嵐』のゲームで“蚊帳の外”に悲しみの声』

2019年1月6日 11:01

ディーン・フジオカ『VS嵐』のゲームで“蚊帳の外”に悲しみの声

ディーン・フジオカ

(C)まいじつ

1月3日、『VS嵐2019賀正新春豪華3時間SP』(フジテレビ系)の中で、人気コーナー『BABA嵐』が放送され、豪華ゲストたちがババ抜き対決を行なった。

ところが、せっかく出演したディーン・フジオカが“蚊帳の外”だったと、一部視聴者は不満を感じたようだ。

番組はババ抜きの“最弱王”を決定するため、負けた者が次の試合へ進んでいく“負け抜け”方式でのゲーム開催。ディーンは予選第3試合に登場し、『嵐』の大野智相葉雅紀、タレントの滝沢カレンを相手に心理戦を繰り広げた。

カードのシャッフルと配布を相葉が担当した結果、滝沢が最初にジョーカーを手にすることに。しかし、相葉と大野はディーンがジョーカーを持っていると読み、ディーンをかなり警戒しながらカードを引き合っていく。

■ “最弱王”決定戦なのに、強過ぎ…

対するディーンもポーカーフェイスな表情でプレーヤーを惑わせ、ジョーカーは滝沢の手元から動かない膠着状態に。するとゲーム後半、手札を強制交換できるシャッフルが発動され、ようやくジョーカーが大野の手に移っていった。

シャッフルの発動で手札を1枚としたディーンは、続く大野との読み合いも制して見事1位抜け。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.