くらし情報『木村拓哉まさかの『エゴサーチ』告白にネット民「よく病まないな」』

2019年1月5日 15:30

木村拓哉まさかの『エゴサーチ』告白にネット民「よく病まないな」

木村拓哉

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

数多くのヒット作を持つものの、演技が変わり映えせず、ネット上で「何を演じても本人役」と評されることが多い元『SMAP』の木村拓哉

そんな評判が本人の耳にもしっかりと入っていることが、1月2日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)新春SPで明らかになった。

この日の木村は、仕掛け人とターゲットの両面からドッキリに参加。ターゲットとしては今月公開される自身主演映画『マスカレード・ホテル』の共演者・勝地涼から、「俳優を辞めたい」との相談を持ち掛けられ、どのように回答をするかスタジオでモニターされた。

勝地が“台本通り”に引退をほのめかすと、木村は表情を一変させ真剣そのものに。「涼くんだけの人生じゃないから」「パートナーにまずは相談するべきだと思うよ」などと具体的なアドバイスを送り、勝地は「役者の壁にぶち当たった」「(役者業が)しんどくなってしまって…」とさらにリアルな相談を持ち掛けていく。

すると木村は「いや、みんなシンドイでしょ?」と勝地を励まし、自分もつらくなることはしょっちゅうだと吐露。勝地の「どういうときにつらくなると…?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.