くらし情報『激震!巨人「大好き」長野久義が『人的補償』で広島カープへ』

2019年1月9日 10:31

激震!巨人「大好き」長野久義が『人的補償』で広島カープへ

激震!巨人「大好き」長野久義が『人的補償』で広島カープへ

(C)Andrey Yurlov / Shutterstock

FAで巨人に移籍した丸佳浩外野手の人的補償として、広島が長野久義外野手を選択したことが1月7日、東スポの取材で分かり、野球ファンの間に激震が走った。

巨人はすでにFAにより入団した炭谷銀仁朗捕手の人的補償として、生え抜きの内海哲也投手が西武に移籍したばかり。相次ぐスター選手の流出に、巨人ファンの間ではフロントに対する不信感が広がりつつある。

「長野は日ハムとロッテのドラフト指名を2回断った末、2009年に1位指名で巨人に入団しました。巨人に対する思い入れが強かっただけに、今回の移籍通達は本人もショックだったんじゃないでしょうか。ルーキーイヤーの2010年に新人王を獲得、11年には首位打者に輝くなど、その実力は折り紙付き。34歳という年齢ながら、広島にしてみれば、野間や西川、下水流などの若手が確実に実力を付けるまでの“つなぎ”として十分な選手でしょうね」(スポーツ紙記者)

野球選手としては高齢なこともあり、丸ほどの活躍を期待するのは難しいだろうが、広島が若手ではなく、生え抜きベテランで年俸も丸とほとんど変わらない長野を“あえて”選んだのには理由があるという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.