くらし情報『古代ギリシャに「ノートパソコン」その裏にあった悲しい物語!?』

2019年1月20日 11:03

古代ギリシャに「ノートパソコン」その裏にあった悲しい物語!?

古代ギリシャに「ノートパソコン」その裏にあった悲しい物語!?

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3sK0TdOM3p4

まずはこの動画を見て頂こう。これはアメリカのカリフォルニア州にある『J・ポール・ゲティ美術館』に展示されている『古代ギリシャ』の遺跡から出土したレリーフ(浮き彫り細工)だが、赤丸の部分をよく見ると主人と思われる女性に向け、召使いと思われる少女が『ノートパソコン』らしき物を開き、中身を確認させているではないか!

しかもご丁寧なことにパソコンの横には『USBメモリー』の差込口らしき2つの穴までが確認でき、この形といい、手頃な大きさといい、どこからどう見てもノートパソコンにしか見えない。しかし古代ギリシャをよく知る歴史家は「これは『ディプティク』という折りたたみ式のメモ帳だ」と主張している。

古代ギリシャに「ノートパソコン」その裏にあった悲しい物語!?

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3sK0TdOM3p4

この動画のようにディプティクというのは紀元前頃に発明され、蝶番で繋がれた薄い箱板状の物に『ロウソク』の『ロウ』を薄く伸ばし、そこに鉛筆のようなケガキ針を使い、文字を刻むことでメモ帳にしていたというのだが、このレリーフの2人を見る限りケガキ針のような物は一切見当たらず、主人と思われる女性はパソコン画面を一心に見つめ、悲しげに中の情報を確認しているようにも思える。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.