くらし情報『古代マヤ遺跡で発掘『QRコード』の顔を持つ石像に秘めた驚愕の真実』

2019年1月19日 19:02

古代マヤ遺跡で発掘『QRコード』の顔を持つ石像に秘めた驚愕の真実

古代マヤ遺跡で発掘『QRコード』の顔を持つ石像に秘めた驚愕の真実

出典:https://www.youtube.com/watch?v=UwfMVEdKxcY

これは『古代マヤ文明』の遺跡から掘り出され、中南米『コスタリカ』の“とある博物館“に収蔵展示された『石像』の“意外性“を指摘しているYouTubeの動画だが、“顔の部分“をよく見て頂きたい。なんと『QRコード』にソックリではないか!

しかもこの顔を元に作られたQRコードをスマホで「ピッ」っとすれば、普通に読み取られ「メキシコの家電販売サイトが表示された」というから驚きだ。視聴ユーザーからは「完全にフェイク」「ただの宣伝でニセモノ」という否定的な意見が多いが、単なるイタズラにしては手が込み過ぎているようにも思える。“何か隠された意図“は無いだろうか?

■ このQRコードは「人類滅亡の危機」を救う切り札か?

QRコードを発明した日本企業の『デンソー』は現在『量子コンピューター』の開発分野で世界的な注目を集めている。量子コンピューターは従来型のコンピューターと比べ「1億倍以上の処理能力がある」とされるが、まだまだ開発途上の未来の技術だ。

量子コンピューターは『タイムトラベル』の謎を解く鍵であり、『量子力学』の世界では「画期的な量子コンピューターの開発が無ければタイムトラベルは不可能だ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.