くらし情報『日本と中国「謎のシンクロ」!2020年中国『バブル崩壊』がヤバい?』

2019年1月28日 11:35

日本と中国「謎のシンクロ」!2020年中国『バブル崩壊』がヤバい?

日本と中国「謎のシンクロ」!2020年中国『バブル崩壊』がヤバい?

(C)Benoit Daoust / Shutterstock

中国は、日本から30年遅れて“同じこと”が起きているといわれている。

1950年頃:日本が高度経済成長期に突入
1980年頃:中国が高度経済成長期に突入

1960年代:日本製品の輸出で世界市場制覇
1990年代:中国製品の輸出で世界市場制覇

1970年代:日本「世界の工場」になる
2000年代:中国「世界の工場」になる

1980年代:「日本が世界一の経済大国に」と世界が予想
2010年代:「中国が世界一の経済大国に」と世界が予想

以上のことから、

1990年:日本のバブルが崩壊
2020年:中国のバブルが崩壊?

という予測が成り立つ。

■ 経済発展とともに中国人の人生観が一変

すでにさまざまな兆候が出てきており、米中貿易戦争が引き金になって習近平国家主席が失脚するかもしれないという予測まで出ているのだ。

「旧ソ連のフルシチョフ書記長は、集団指導体制を無視して自らへの権力の集中(第1書記と首相の兼任)を図りました。こうしたことから反フルシチョフ・グループがフルシチョフの追い落としを図ったのです。権力の集中は社会主義国家では失脚する重大要素といわれています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.