くらし情報『斉藤由貴「不倫ネタ」ぶち込み!ドラマ『QUEEN』の自虐ネタに 視聴者は…』

2019年1月18日 11:21

斉藤由貴「不倫ネタ」ぶち込み!ドラマ『QUEEN』の自虐ネタに 視聴者は…

斉藤由貴「不倫ネタ」ぶち込み!ドラマ『QUEEN』の自虐ネタに 視聴者は…


1月17日に放送された『スキャンダル専門弁護士QUEEN』(フジテレビ系)第2話で、ドラマ復帰を果たした斉藤由貴が「自虐」とばかりに不倫ネタを言い放つ一幕があり、視聴者の間で話題となっている。批判が出るかと思いきや、「W不倫」で世間を世間を騒がせた斉藤の“ぶっちゃけ”に半ば呆れ声もでた。

一話完結型の同ドラマは弁護士役の竹内結子と水川あさみが、弁護士事務所の危機管理部で取引先が抱えるスキャンダルに対応していくストーリー。斉藤演じる真野は事務員として竹内を支える役柄だ。危機管理部には新人弁護士役として中川大志、さらに事務所の副所長役としてバカリズムも登場する。

■ 斉藤由貴に「不倫、経験済みですもんね」

視聴者の間で話題になったのは番組冒頭のシーン。事務所に氷見(竹内)が次期首相候補とも噂される有名政治家と寄り添って歩く写真が持ち込まれた。その政治家・吾妻は元官房長官の娘を妻に持つ既婚の身。周囲は氷見に「何やってるんですか!」と詰め寄るが、氷見は「恋ってそういうものでしょ」とあっけらかんとしていた。

「これが出回ったら仕事が減りますよね?」と心配する藤枝(中川)に、斉藤演じる真野は「それだけで済むかな?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.