くらし情報『中居正広「番組2本消滅」…始まった滝沢秀明の「恐怖政治」!』

2019年1月22日 11:14

中居正広「番組2本消滅」…始まった滝沢秀明の「恐怖政治」!

滝沢秀明

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

昨年末をもって芸能界を引退したジャニーズ事務所の滝沢秀明が、去る1月15日、新会社『ジャニーズ・アイランド』の社長に就任した。同社はホームページによると「タレント育成および舞台・コンサート・映像作品プロデュース」を事業内容としている。

「舞台などの演出や営業をすることが、すでに分かっています。経営権はメリー副社長、ジュリー副社長で、事務所の人事権は滝沢ということです。だから滝沢が嫌う者は辞めてもらう。その一番のターゲットは、むろん中居です」(ジャニーズライター)

早速驚いたのは1月16日付の『デイリー新潮』の記事だ。中居のMC番組『中居正広の身になる図書館』と『ナカイの窓』の2番組が、一挙に終わるという。

「2人の不仲はもう10年以上も前から有名です。しかも中居は『SMAP』独立の首謀者として騒ぎを起こしながら、いつの間に手のひら返しで残留。“事務所の代弁者”といわれるほど体制ベッタリの滝沢は、絶対に中居を許さない。今や人事権を持った滝沢は、中居追放に動き出したのです」(同・ライター)

滝沢は昨年9月、『週刊新潮』の単独インタビューに登場。中居との不仲を聞かれ「本当に……いい関係なんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.