くらし情報『“レイプ犯”や“男尊女卑”を「エリート育成」私学助成金が産む理由』

2019年2月3日 11:07

“レイプ犯”や“男尊女卑”を「エリート育成」私学助成金が産む理由

“レイプ犯”や“男尊女卑”を「エリート育成」私学助成金が産む理由

(C)Nutthaseth Van / Shutterstock

1月から2月の首都圏は、中学受験真っ盛り。いわゆる「お受験」と半分やっかみが入る名称を付けられているが、これには賛否両論、多事争論がある。

一つだけ確かなことは、無償化制度がスタートしているとはいえ、中高一貫校に合格するためには塾通いをしなくてはならず、このコストはバカにならない。結果的に富裕層しか一貫校には入れないという“明確な事実”が横たわる。

「そうなると、親の世代の格差が子の世代に継承される。つまり首都圏における“格差の再生産”につながるわけです。東京都教育委員会の『平成29年度公立学校統計調査報告書』によると、東京23区で私立中学進学率の高い上位3区は、文京区(39.51%)、中央区(37.25%)、目黒区(34.76%)、下位3区は、葛飾区(12.87%)、足立区(11.04%)、江戸川区(10.21%)と上位、下位には、貧困率とほぼ同じ顔ぶれが並んでいます。また、東京都の『区市町村、設置者、編制方式別生徒数統計(18年度)』によれば、東京23区の中学生数は19万2952人で、そのうち公立は13万1627人となっており、公立中学生は全体の68.2%ですから、残りの約32%、ざっと3人に1人は私立や国立で学んでいることになります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.