くらし情報『『嵐』が“最悪の選択”をしなかったのは『SMAP』のおかげ?』

2019年1月30日 10:31

『嵐』が“最悪の選択”をしなかったのは『SMAP』のおかげ?

嵐

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

』にファンは感謝すべきなのかもしれない。

」が2021年から活動休止と発表され、日本全国のファンが悲嘆に暮れているが、解散という最悪の事態は免れた。ジャニーズ事務所は3年前に勃発した「SMAP」解散騒動で猛批判を浴びたことがトラウマとなっており、同じ轍は踏まないとばかりに今回は軟着陸させることにしたという。

「自由な生活をしてみたい」という大野の願いを受けて、は2020年末をもって活動休止となることが決まった。復帰時期は明言しておらず、事実上の解散とも言えるのだが、5人揃っての会見では解散を否定。その部分ではファンを安心させ、希望を持たせた。

今回の決定に至ったのは、完全に大野一人の意向であり、どれだけ事務所に貢献したとはいえ、これまでのジャニーズならばこのような“我儘”は許さなかった。だがSMAP解散騒動が転機となった。

SMAPの轍を踏まないように

SMAPの時は強攻策を取り、完全に裏目に出てしまったからだ。木村拓哉以外の独立を画策した4人のメンバーをテレビで生謝罪させ、草彅剛、香取慎吾稲垣吾郎の3人に退所を決意させてしまった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.