くらし情報『米津玄師を超える!?『イノセンス』主題歌で注目の『King Gnu』とは』

2019年2月2日 17:30

米津玄師を超える!?『イノセンス』主題歌で注目の『King Gnu』とは

世界的指揮者・小澤征爾主催のオーケストラにチェロ奏者として所属していたこともあるという。「流行ガン無視」の音楽といわれ、独自の音楽性を追求した結果、今では『トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル』と称されるようになった。

「ボーカルの常田以外にも、藝大で声楽を専攻していたメンバーや、国立音大のビッグバンドに所属していたメンバーもいて、その実力は折り紙付き。独自のセンスは音楽だけにとどまらず、MVにも反映されており、そのクオリティーの高さは業界内でも有名です。ドラマの主題歌を機に、今年ブレークするのは間違いないでしょう」(同・ライター)

MVやアートワークは、常田が中心になっているクリエーティブ集団『PERIMETORON』が手掛けているが、現在、映画やファッション業界などからも依頼が殺到しているといい、今後はさまざまなカルチャーシーンで彼らの名前を目にする機会が増えるだろう。

米津ブームに乗り遅れてしまった人も、今年は『King Gnu』を抑えておけば間違いなしだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.