くらし情報『『TOKIO』解散!? 独立!?「長瀬VS滝沢」の駆け引きと暗闘』

2019年1月30日 11:22

『TOKIO』解散!? 独立!?「長瀬VS滝沢」の駆け引きと暗闘

TOKIO

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

ジャニーズ・アイランド』社長である滝沢秀明が頭を悩ませている問題があるという。『TOKIO』をどうやって解散に持っていくのか、いい手が見つからないらしいのだ。

「『』は2020年末に活動休止が決まったばかり。人気のピークを過ぎているし、活動停止という形に持っていくことに成功しました。リーダーで人気のない1学年上の大野智を不要だと判断。会見では大野自身が『前から脱退する気持ちがあった』というニュアンスを伝えていましたが、確実に滝沢の圧力でしょう」(ジャニーズライター)

滝沢は年長者が嫌いだ。大野は1学年上。櫻井翔は同学年。相葉雅紀松本潤二宮和也は1~2学年下だ。

「櫻井は無能なキャスターですが、東京五輪の日本テレビ代表リポーターに決まっています。その後、仕事を与えなければいい。だから20年で活動休止にしたという話もあるほど。年下の松本と二宮は俳優として木村拓哉の後継者にする。相葉はレベル落ちなので何でも要員です」(同・ライター)

■ キーマンは長瀬

ところが『TOIKIO』の場合、そう簡単にはいかない。先輩でもあり人気も人望もある長瀬智也を、簡単にはつぶせないからだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.